ドラクエ風のブログがあった!?

イベントが起こった。

flash boreal kiss

次のイベントまであと 1 回このブログをみる

vacationingerについて知ってみよう!

Vacationinger

Author:Vacationinger
軽く、深く、遅く、適当になんかブログやってますw

今まで見に来てくれた人数

今このブログを見てる人数

今見てる人の人数がこのカウンターに書いてあるんだヨ

現在の閲覧者数:

画面下を人々がお散歩するブログパーツ

画面下をお散歩します

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

なぜ校長先生の話は存在するのか

2015-01-15

はい、今回のテーマ
「Why do principal's speech exist?」
と言う事ですね。(訳せ)

世の中にはどこの文化かは存じませんがprincipal's speech(俗に言う校長先生の話)てのがありましてですね、たくさんの学校の生徒の前で校長先生が長々と語り出し、それを生徒が聞かされると言う生徒側からしたら地獄の鬼すらヘド吐く所業(°ந்°#)

しかして、校長先生側からしても大勢の前で長々と喋るという行為、なかなか楽しいと思ってできるものでもないと思うんですね。(。ட்゜)

そうやって考えた時にじゃあなぜこの鬼畜の所業が存在するのか、考えてみました(笑)

仮説1:先生の脳トレ説

ええーこれが一番有力な説だと考えられています。(俺だけ)
校長先生となればお年も召し、退職後の年金生活がしんぱ~い。(裏声)
でももう安心!
「長文を自分で考えて大勢の前で口に出す。」
これをするだけで脳もリフレッシュ!

年金生活も微分積分で乗り越えられちゃう!素敵!

こんな校長の乙女心は止まらないのです...

仮説2:ヒトラーとかリンカーンみたいになりたかった説

これはですね、教師になる前に事前に教育委員会からアンケートを取らされてですね、「あなたはヒトラーになりたいですか?」の項目の「はい」に丸をつけた人だけ校長先生になれると言う暗黙のルールが存在すると言う説です。
生徒達を聴衆に見立て、自分がヒトラーの気分を味わう。ひどい!生徒を何だと思ってるんだ!
だからハゲるんだこの野郎(°ந்°#)

仮説3:生徒達の忍耐力の強化

社会に出れば上司の愚痴を嫌でも聞かされることもあるでしょう。
それに耐える力を養うための修行として校長先生の話があると言う説です。

でも残念ながら一言で話をすます校長もいるとのことでこの説は怪しいですw

どうでしょうかw
これを短くまとめて現代文の授業のスピーチ発表のネタにしようか迷ってますw

以上(^_^)

スポンサーサイト

自分的理論 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://stppu777.blog75.fc2.com/tb.php/413-4c8597df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

非常ボタン(押すなよ!絶対に押すなよ!)

押したければ押しなさい。それが貴方の選んだ道なのだから。

押しちゃったらもう一回押すか、15秒程お待ちください。

中三からの記事解析メーター

更新を毎日し始めた中三の記事からのメーター

超 記事解析メーター

一番最初の記事の日を初めとして解析してます。

真 記事解析メーター

本当にこのブログができた最初の日から数えてます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。